安部友裕に嫁や子供はいる?入団拒否の真相や年俸推移と通算成績を紹介!

2008年から、

広島東洋カープでプレーしている安部友裕選手!!

 

2016年の後半から、、、

2017年シーズンにかけては非常に良いパフォーマンスを披露していましたね!!

 

今回は、

そんな安部友裕選手の年俸推移と通算成績や、

入団拒否の真相について紹介いたします!!!

 

また、

安部友裕選手の結婚相手の嫁や子供の存在についても、、、

迫りたいと思います!!!

 

スポンサードリンク

 

安部友裕に嫁や子供はいる??

 

安部友裕選手は、

2014年7月に結婚されています!!

 

結婚相手のお嫁さんは、

『福岡県出身で7歳年上の一般人女性』だそうです!!

 

お相手が、

一般人女性であることから、、、

詳しい情報は公表されていませんね。。。

 

また、

子供が誕生したという情報もありません。。。

 

子供に関しては、

誕生しても公表しないかもしれませんね。。。

 

スポンサードリンク

 

安部友裕の入団拒否の真相とは??

 

安部友裕選手には、

広島東洋カープへの入団を拒否したという噂があります。。。

 

しかし、

この入団拒否の噂に関しての真相は明らかになっていません。。。

 

あくまで噂ですが、、、

ドラフト会議の後、交渉権を獲得した広島東洋カープへのオファーを二度断ったという噂があるようです。。。

 

当時の広島東洋カープは今ほどに人気もなく、

強豪チームというわけではなかったため、、、オファーを断ったという噂があるんですね。。。

 

さらに、

『安部友裕選手の親が反対した』という噂まであります。。。

 

しかし、一方で、

安部友裕選手は広島東洋カープについて、、、

「赤が好きなので、赤いユニホームを着られるのはうれしいです。 あこがれの前田智徳選手に 、いろいろ話を聞きたい」

とコメントしていることから、、、

オファーを断ったとは思えないほどに喜んでいる様子。。。

 

インターネット上では、

安部友裕選手は入団拒否をしたという噂がありますが、、、

ことの真相はわかりません。。。

 

コメントを見る限りは、

断ったようには思えませんね。。。

 

安部友裕の年俸推移を紹介!!

 

2019年 → 4100万円

2018年 → 4600万円

2017年 → 2100万円

2016年 → 1080万円

2015年 → 1000万円

2014年 → 1050万円

2013年 → 950万円

2012年 → 650万円

2011年 → 600万円

2010年 → 600万円

2009年 → 600万円

2008年 → 600万円

 

安部友裕の通算成績を紹介!!

 

シーズン打率打数安打二塁打三塁打本塁打打点四球盗塁
20118203000000
20125311930301275
201375123274018125
2014331000000
2015267017000211
201611525973124633197
20171234131281744492717
20187222052114424217

 

安部友裕選手の通算成績に関して詳しくはこちら!!

 

安部友裕の選手としての特徴やプレースタイルを解説!!

 

名前        安部 友裕(あべ ともひろ)

生年月日      1989年6月24日

出身地       福岡県北九州市小倉北区

身長        181cm

体重        81kg

投球・打席     右投左打

ポジション     三塁手、一塁手、遊撃手、二塁手

出身高校      福岡工業大学附属城東高等学校

 

堅実な守備とシュアなバッティングで、

広島東洋カープには欠かせない戦力である安部友裕選手!!

 

 

抜群のセンスで、

様々な役割をこなしチームに貢献する安部友裕選手の特徴やプレースタイルを見てみましょう!!!

 

安部友裕選手のポジション

 

安部友裕選手のポジションは、

2軍では主にショートを守っていましたが、、、

1軍では内野は『ファースト』『セカンド』『サード』『ショート』と全てのポジションで出場したことがあり、、、

また『外野』も守れる能力があってユーティリティー性が非常に高いです!!!

 

しかし、

『セカンド』『ショート』『外野』は、

チーム事情で緊急時に守備に就いているのであり、、、

『サード』『ファースト』が主なポジションになっています!!

 

安部友裕選手のバッティング能力

 

安部友裕選手のバッティング能力は、

2014年、2015年と2軍で打率3割を記録するなど、、、

入団当初の課題であったバッティング技術を向上させてきました!!

 

2017年は、

1軍でサードのレギュラーとして規定打席に到達しています!!

 

この年、

横浜DeNA宮敏郎選手が首位打者になりましたが、、、

『打率は.323』であり、、、

投手攻勢の年であったと言える中、安部選手は『打率.310』でリーグ4位とバッティング技術を開花させました!!!

 

 

また、安部選手は、

ファアボールを多く選ぶタイプではありません。

 

2017年に、

123試合に出場した時でも455打席でファアボールは27個でした。

 

ホームランは年間で最多が6本ですが、、、

芯で捉えスタンドに運ぶパンチ力は持っています!!!

 

ホームランを多く打つタイプではないのに毎年、比較的三振の数が多く、、、

ファアボールが少ないということは積極的に打ちいっているということであり、、、

安打量産狙いの打撃スタイルであるといえます!!

 

安部友裕選手の守備能力

 

安部友裕選手の守備能力は、

かつてポジション争いでセカンドでは菊池涼介選手が勝り、、、

安部選手の本職であったショートでも田中広輔選手が勝りました!!!

 

球界トップクラスの菊池、田中、両選手の守備力は、

安部選手の大きな壁でしたね!!

 

2016年は、

守備固めで起用されることも多く、、、代走も含めて出場機会が増えていく中、、、

サードの外国人エクトル・ルナ選手の故障でサードに定着するようになりました。。。

 

この年、

トータルで自己最多の115試合に出場できたのも、、、

守備が首脳陣に一定の評価があったからでしょう。。。

 

現在では、

堅い守備と安定感には定評があります!!

 

特に、

捕球してからのスローイングの速さは素晴らしいものがあり、、、

ダイビング・キャッチをした時もすぐにスローイング動作に移れる体の強さがあります。。。

 

まとめ

 

安部友裕選手は、2軍に出場しているときは、

2011年27盗塁、2014年は26盗塁でファーム盗塁王になるなど、、、

打撃のみならず、その盗塁技術も評価されていました!!

 

凡打であっても、

全力で走り併殺打を防ごうとする姿勢もあります。。。

 

しかし、

複数のポジションを守ることが出来てユーティリティプレーヤー扱いであることは、、、

レギュラーを確保できていないということになります。

 

高素材の若手が台頭してくる土壌がある『広島東洋カープ』というチームで、、、

今後ますますレギュラー争いが激しくなると思いますが、中堅となった現在、、、

持ち前の高い身体能力とセンスでポジションを確固たるものにして躍動する姿を見たいものですね!!!

 

スポンサードリンク