ダニエルサラス(格闘家)の戦績や強さとファイトスタイルを解説

スポンサードリンク
ライライ

ダニエル・サラス選手ってどんな選手なの??

『RIZIN.21』で朝倉未来選手と戦うからどんな選手か知りたいなぁ。。。

スポキング

よし。

じゃあ今回は格闘技大好きスポキングがダニエル・サラス選手について紹介しよう!!

 

というわけで、

この記事では、以下の疑問にお答えします!

 

ダニエル・サラス選手の過去の戦績は?

ダニエル・サラス選手って強いの?

ダニエル・サラス選手のファイトスタイルが知りたい。

 

この記事を読めば、

以下の内容が把握できます!

 

ダニエル・サラス選手の戦績を紹介

ダニエル・サラス選手の強さを紹介

ダニエル・サラス選手やファイトスタイルを解説

 

この記事を読むことで、

ダニエル・サラス選手の試合がより楽しめるようになります!

 

3分程度で読める内容となっていますので、

ぜひ、チェックしてみてください!

 

スポキング

ダニエル・サラス選手はメキシコでは有名な総合格闘家だよ!過去には『UFC – The Ultimate Fighter』にも参戦したことのある実力者だぜ!

 

スポンサードリンク

ダニエルサラス(格闘家)の戦績を紹介

 

名前      ダニエル・サラス(Daniel Salas)

生年月日    1988年6月8日

出身地     メキシコ

身長      178cm

体重      68.0kg

所属      BONEBREAKERS TEAM

>> ダニエル・サラス選手のツイッターはこちら

>> ダニエル・サラス選手のインスタグラムはこちら

 

 

 

ダニエル・サラス選手は、

『El Cazador(狩人)』の異名を持つ、メキシコ出身の総合格闘家です。

 

日本では『RIZIN.21』“朝倉未来”選手の対戦相手に抜擢されたことで注目を浴びましたが、

メキシコ格闘技界では元々名前がよく知られている選手なんですね。。

 

 

ダニエル・サラス選手は、

メキシコの名門ジム『BONEBREAKERS MMA』に所属しています。

 

デビューから地元メキシコのローカル団体を中心に経験を積み、

コスタリカの団体『Center Real Fights』では、70.3キロ級のチャンピオンになりました。。

 

2015年には、

UFCの登竜門番組『TUF』のラテンアメリカ版のシーズン2に参戦ていますね。。

 

 

そんな、

ダニエル・サラス選手はローカル団体で12連勝を飾ると、

メキシコ格闘技界の若手のホープとして、2013年にはUFCの才能発掘プログラム『Jackson’s MMA Series11』に参戦!!

 

このプログラムでの様子は、

ドキュメンタリーで追われています。

 

>> ダニエル・サラス選手のドキュメンタリー動画はこちら

 

プログラムの最後に、試合が行われましたが、、、

残念ながらアメリカの“ジェイソン・ブレントン”選手にKO負けしていますね。

 

その後、

『Center Real Fights』チャンピオンになると、

2015年に再び大きなチャンスが舞い込みます。。

 

それが、

UFCの登竜門番組『The Ultimate Fighter Latin America Season2(通称”TUF LATAM 2″)』への参加権です!!

 

短期間に二度もUFC関連のプログラムに参加できた事実は、

メキシコ国内でのダニエル・サラス選手の期待値の高さを証明していますね!!

 

『TUF LATAM 2』では、

ウェルター級とライト級の2階級で8人ずつのトーナメントを行われましたが、

ダニエル・サラス選手はライト級での参戦でした!!

 

『メキシコでの知名度』『CRFのチャンピオン』であることから、

ダニエル・サラス選手は優勝候補の一人と目され、“ケルヴィン・ガステラム”選手のチームに2巡目で指名されましたね!!

 

一回戦では、

同じメキシコ出身の“オラシオ・グティエレス”選手と対戦しており、

メキシコ人同士の対決ということで番組では一話かけて二人の対戦がフィーチャーされました。。。

 

詳しい様子は、

このシーズンの3話目『TUF LATAM: EP.203:MEXICANS FACE OFF』で見ることができます。

 

UFCのストリーミングサービス『UFC Fight Pass』等での視聴が可能ですね。

 

この試合では、

同じメキシコ人同士の意地と意地とがぶつかり合い、延長までもつれる闘いとなりましたが、、、

接戦の末『2-0』のマジョリティ・ディシジョンで“オラシオ・グティエレス”選手勝利しました。。

 

“オラシオ・グティエレス”選手は、

その後、決勝まで勝ち進み、準優勝という結果に終わっています。。

 

ちなみに、

“オラシオ・グティエレス”選手は後にUFC本戦にもあがり、

石原夜叉坊選手KO負けをしています。。。

 

このことも、

ダニエル・サラス選手の強さを測る一つの要素になるかもしれません。

 

ダニエルサラス(格闘家)の強さの理由を紹介

 

ダニエル・サラス選手の強さの根幹には、、

『生まれ育った過酷な環境』があります。。

 

ダニエル・サラス選手の出身は、

メキシコのイスタパラパして、イスタパラパは『世界で最も危険な地域のトップ10』に入ると言われる危険な地域です。。。

 

ダニエル・サラス選手は、

「路上の伝説」と呼ばれる朝倉未来選手よりも、何倍も危険なストリートを生き抜いてきたのです。

 

 

ダニエル・サラス選手は、

貧困や犯罪で溢れ『ディストピア』とさえ形容されるイスタパラパで幼少の頃から育っていますが、

危険とは常に隣り合わせで、ストリートファイトや犯罪は日常風景でした。。。

 

「自分の身を守れないものはやられる」という緊張感の中で、

ダニエル・サラス選手は次第に仲間たちと共にグレていったんですね。。

 

そんな、ストリートファイトに明け暮れていたある日、

ダニエル・サラス選手は仲間たちとともにテレビではじめて『UFC』に出会いました。。

 

そしてすぐに「UFCこそが本物の闘いであり、自分たちがしたいことに最も近い」と感じたそうですね。。。

 

このUFCとの出会いをきっかけに、

ダニエル・サラス選手は更生の道を進んでいます。。

 

後にダニエル・サラス選手はUFCのインタビューで、

「格闘技を通して、身体、心、魂が成長し、人生を違う面で見られるようになった」と語っていますね。。

 

というわけで、

ダニエル・サラス選の強さの源は、

幼少時代の過酷な環境と、そこから湧き出るハングリー精神にあるわけです。。

 

ダニエルサラス(格闘家)のファイトスタイルを解説

 

ダニエル・サラス選手は、

『変則的な打撃を得意とするオールラウンダー』です!!

 

キックボクシングをバックボーンに持ち、

寝技でも一本をとれる極めの強さを持っていますね!!

 

ダニエル・サラス選手は「TUF LATAM 2」の中で、

チームメイトから「今シーズンの中で最も完成度の高いファイターの一人」と評されています!!

 

本人も「スタンドでも、グラウンドでも、常に面白い試合になることを望む」と語り、

全局面で勝負できることを豪語していますね。。

 

それは数値にも表れており、

これまでの試合ではKOと一本勝ちの数字がだいたい半分ずつです。

 

また、勝利した試合では、

76.5%を超える高い決着率を持っていますね。(2020年2月時点)

 

打撃では、

『バックスピンキック』『変則的な軌道のエルボー』など、

トリッキーな打撃を好みます。。。

 

打撃は頭部だけでなく、

ボディへもバランスよく散らし、前へ前へと突き進みますね。。

 

主導権を握ると前へ出て行く反面、

圧の強い相手には下がってしまったり、圧に負けて苦し紛れに組みついてしまう弱点があります。。。

 

長期戦になるとスタミナをロスし、

被弾しやすい傾向もありますね。。

 

関節技はこれまで、

『リアネイキッドチョーク』『ヒールフック』『三角絞め』を極めており、

多様な状況に対応できることがわかります。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ダニエル・サラス選手は、

打撃も寝技も得意と豪語するオールラウンダーなファイターです!!

 

アグレッシブな選手で、

過酷な環境で育った生い立ちがあることから、

非常にハングリーな選手でもありますね。。

 

今まで素晴らしい戦績を残していますし、メキシコでは非常に有名な選手ですが、、、

現状だと世界トップレベルの選手とは言えない印象です。。

 

なので、

今後、世界の舞台で活躍するためにも、

『RIZIN』で活躍し、世界にアピールしたいところでしょうね。。