ゴイチヤマウチの戦績や強い理由とファイトスタイルを解説【動画】

スポンサードリンク

今回は、

ゴイチ・ヤマウチ選手について紹介します!!

 

ゴイチ・ヤマウチ選手は、

日本で生まれ、ブラジルで育った総合格闘家です!!

 

アマチュア時代から素晴らしい戦績を残している選手で、

プロデビュー後も圧倒的な強さで勝ち星を重ねている世界トップファイターですね!!

 

2013年からは、

アメリカの総合格闘技団体『Bellator(ベラトール)』で活躍しており、

ライト級戦線の中心選手として注目を集めています!!

 

圧倒的なサブミッションのスキルで、

『Bellator(ベラトール)』の強豪選手と激闘を繰り広げていますね。。

 

そして、

そんなゴイチ・ヤマウチ選手は2019年12月29日に『Bellator(ベラトール)』の代表として、

日本に帰ってきます!!!

 

この記事では、

そんな世界から注目を集めるゴイチ・ヤマウチ選手の戦績や強い理由とファイトスタイルについて解説いたします!!!

 

スポンサードリンク

ゴイチ・ヤマウチの戦績を紹介

 

名前      ゴイチ・ヤマウチ(Goiti Yamauchi)

生年月日    1993年1月5日

出身地     愛知県

身長      177.8cm

体重      70.3kg

所属      ヤマウチチーム

>> ゴイチ・ヤマウチ選手のツイッターはこちら

>> ゴイチ・ヤマウチ選手のインスタグラムはこちら

 

28試合 24勝【(T)KO.1 一本.19 判定.4】 4敗【(T)KO.0 一本.0 判定.4】(2019年12月10日現在)

>> ゴイチ・ヤマウチ選手の戦績に関して詳しくはこちら【SHERDOG】

>> ゴイチ・ヤマウチ選手の戦績に関して詳しくはこちら【Bellator公式サイト】

 

 

ゴイチ・ヤマウチ選手は、

アマチュア時代に圧倒的な実績を残し、

2010年に地元ブラジルの『GMC』でプロデビューを飾っています!!

 

プロデビュー後から、

怒涛の5連続一本勝利を飾っていますね!!

 

6戦目で判定の末、初黒星を喫するも、

それ以降は怒涛の11連勝!!!

 

これらの活躍が評価され、

2013年からはアメリカの総合格闘技団体『Bellator(ベラトール)』へ参戦しています!!

 

『Bellator(ベラトール)』では、

ライト級戦線の中心選手”マイケル・チャンドラー”選手”ダニエル・ヴェイケル”選手といった世界トップファイターと互角の試合を繰り広げていますね!!

 

 

 

サブミッションのスキルは世界最高峰と言えますし、

『Bellator(ベラトール)』で素晴らしい戦績を残していることから、

ライト級の中でも世界トップクラスの選手と言えるでしょう!!

 

ゴイチ・ヤマウチがRIZINへ参戦!!

 

ゴイチ・ヤマウチ選手は、

2019年12月29日に『RIZIN.20』へ参戦します!!

 

 

『RIZIN.20』では、

『Bellator(ベラトール)』代表として日本へ帰ってきますね!!

 

そんな、

ゴイチ・ヤマウチ選手の対戦相手は、

ダロン・クルックシャンク選手です!!

 

ダロン・クルックシャンク選手は、

『UFC』で活躍し、現在は『RIZIN』ライト級の中心選手として活躍している選手です!!

 

もはや、

ダロン・クルックシャンク選手は『RIZIN』ライト級の門番的ファイターですので、

この試合でゴイチ・ヤマウチ選手の実力が改めてわかるでしょう。。

 

ゴイチ・ヤマウチのアマチュア時代の戦績や強い理由は家庭環境にあり!?

 

ゴイチ・ヤマウチ選手は、

ブラジル人の両親の元、愛知県安城市で誕生し、

3歳の時にブラジル・クリチーバへ移住しています!!

 

そして、

9歳の頃からブラジル柔術を始め、

様々な格闘技に打ち込んでいますね!!

 

そんなゴイチ・ヤマウチ選手のバックボーンは、

『柔術』『ボクシング』『レスリング』『ムエタイ』『空手』『柔道』と多岐に渡ります!!

 

柔術では、

『南米選手権』での優勝や、

ブラジルのパラナ州のチャンピオンに20回以上なるなどの好成績を残していますね。。

 

ボクシングでは、

2007年に『パラナ州のアマチュアチャンピオン』になっています!!

 

その時倒したチャンピオンは、

後に『UFC』のバンタム級で大活躍する”ジョン・リネカー”選手でした。。。

 

 

柔道は、

そこまで熱心には取り組んでいなかったそうですが、

地区レベルの大会には何度も出場していたそうです。。。

 

 

ゴイチ・ヤマウチ選手が、

アマチュア時代からこれほど豊富な格闘技経験があるのには理由があります。。。

 

それは、

『家庭環境』の影響です!!

 

ゴイチ・ヤマウチ選手の家族は皆、格闘技への関心が非常に高く、

幼い頃より家族で『PRIDE』やその他の総合格闘技をテレビで視聴する習慣がありました。。。

 

プロの格闘家になってからも、

総合格闘技のコーチを叔父のオサム・ヤマウチが務め、

トレーニングパートナーはいとこのショージ・ヤマウチが務めています!!

 

つまり、

ヤマウチ家は『格闘技一家』なのです!!

 

日系ブラジル人であり、

家族とともにトレーニングをしながら世界トップレベルで闘う姿は、

元UFCライトヘビー級チャンピオンのリョート・マチダ選手と被るところがありますね。。

 

 

ゴイチ・ヤマウチが強い理由やファイトスタイルを解説【動画】

 

ゴイチ・ヤマウチ選手の強さは、

そのサブミッションでの決着率の高さです!!

 

これまで勝利した試合の約80%は、

『サブミッション』での決着でした!!(2019年12月現在)

 

さらに、

ゴイチ・ヤマウチ選手は、

主戦場とする北米のメジャー団体『Bellator(ベラトール)』での最多サブミッション勝利数の記録(7回の一本勝ち)を保持しています。。(2019年12月10日現在)

 

数値が物語っているように、

ゴイチ・ヤマウチ選手はサブミッションの使い手です。。。

 

自身でもグラップラーとしては、

UFC最多一本勝ち数の記録を持つチャールズ・オリベイラ選手を退けて、

自身が今の総合格闘技の頂点に君臨すると豪語しています!!

 

そんな、

ゴイチ・ヤマウチ選手の得意技は、

『リアネイキッド・チョーク』です!!

 

多くの試合で、

リアネイキッド・チョークでの一本勝ちをおさめていますね。。

 

また、

ホイス・グレイシーと同じように、

背中を下にした状態からも極めることが出来る『ピュアな柔術』が出来ることが自身の強さだとも言います!!

 

 

そして、

ゴイチ・ヤマウチ選手は冷静沈着な戦術家でもあります!!

 

試合前から、

あらゆる状況を想定したビジュアライゼーションをしてから試合に臨むんですね。。

 

さらに、

試合中どんな局面からでも最適な勝ち方を計算しながら闘います。。

 

劣勢になった状態からも一本をとれるため、

ゴイチ・ヤマウチ選手の試合は最後まで見逃せません。。

 

 

そして、

『Bellator(ベラトール)』での最多サブミッション勝利数の他に、

もう一つゴイチ・ヤマウチ選手について注目すべきデータがあります!!

 

それは、

『KO負けが0』である点です!!!

 

スタンドの攻防の中でガードが下がる場面もあるゴイチ・ヤマウチ選手は、

なぜKO負けがないのか??

 

それは、スタンドの攻防時、

常に『ボクシングで鍛えたジャブ』『ムエタイスタイルの鋭い蹴り』で相手との距離を測りながら闘うからです。。

 

距離を測るだけでなく、

そのまま打撃でKOすることもできます!!

 

さらに、

手足の長い恵まれた体格を活かし、相手にプレッシャーを与えながら、

クリンチでの攻防を制します!!

 

このようなスタイルは、

日本の総合格闘家で言えば”青木真也”選手に近いスタイルですね。。

 

 

まだまだ伸びしろのある若さでありながら、

好成績を残すゴイチ・ヤマウチ選手の今後にも大注目です!!

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ゴイチ・ヤマウチ選手は、

『柔術』『ボクシング』『レスリング』『ムエタイ』『空手』『柔道』をバックボーンにもち、

アマチュア時代から素晴らしい戦績を残している選手です!!

 

圧倒的な経験と引き出しの多さから、

今では世界トップファイターとなりましたね!!

 

『Bellator(ベラトール)』の強豪選手とも激闘を繰り広げていますし、

まだまだ伸び代もあるでしょう!!

 

サブミッションに関しては世界最高峰の実力者だと思いますし、

今後の活躍が非常に楽しみな選手です!!

 

そして、

日本ともゆかりのある選手ですから、

今後も『Bellator(ベラトール)』だけでなく『RIZIN』にも参戦してほしいですね!!