小窪哲也の嫁や子供まとめ!年俸推移と通算成績やプレースタイルを紹介!

2008年から、

広島東洋カープでプレーしている小窪哲也選手!!

 

『広島東洋カープ』一筋でプレーしており、、、

近年は出場機会が減るも、、、チームから絶大な信頼は得ていますよね!!

 

今回は、

そんな小窪哲也選手の年俸推移と通算成績や、

選手としての特徴とプレースタイルについて解説いたします!!!

 

また、

小窪哲也選手の結婚相手の嫁や子供の存在についても、、、

迫りたいと思います!!!

 

スポンサードリンク

 

小窪哲也の嫁や子供まとめ!!

 

小窪哲也選手は、

2009年に結婚されています!!

 

結婚相手のお嫁さんは、

”大田真由”さんという6歳年上一般人女性です!!

 

二人は、

知人の紹介で知り合い、、、

意気投合して交際に発展したのだとか。。。

 

その後、

交際を重ねて結婚!!

 

小窪哲也選手は、

奥様の”真由”さんに対して『全て好き』と語るほどに大好きなのだそうです!!

 

6歳年上ということもあり、

姉さん女房で頼りになる存在なのでしょうね!!

 

小窪哲也選手が、

広島東洋カープの厳しい競争の中でプレーし続け、、、

2016年から選手会長として活躍できているのも、、、奥様の支えがあるからなのでしょう!!!

 

 

そんな、

小窪哲也選手と奥様の”真由”さんとの間には、

2015年に息子が誕生しています!!!

 

息子の名前は、

”桃之介”くんというそうですね!!

 

素敵な奥様に、

元気な息子が誕生したことで、、、

今後もプロ野球選手として活躍していきたいところです!!!

 

スポンサードリンク

 

小窪哲也の年俸推移を紹介!!

 

2008年 → 1200万円

2009年 → 1700万円

2010年 → 2100万円

2011年 → 1800万円

2012年 → 1800万円

2013年 → 1500万円

2014年 → 1480万円

2015年 → 2400万円

2016年 → 4000万円

2017年 → 4000万円

2018年 → 3300万円

2019年 → 3100万円

 

小窪哲也の通算成績を紹介!!

 

シーズン打率打数安打二塁打三塁打本塁打打点四球盗塁
20080.27027474111319251
20090.29518354110216202
20100.2072084370124210
20110.261142377021231
20120.209439300210
20130.26411029323980
20140.3171615190330121
20150.296712120115151
20160.217922091210110
20170.1755710010861
20180.308268310310

 

小窪哲也選手の通算成績に関して詳しくはこちら!!

 

小窪哲也選手の特徴やプレースタイルを解説!!

 

名前       小窪 哲也(こくぼ てつや)

生年月日     1985年4月12日

出身地      奈良県葛城市

身長       175cm

体重       83kg

投球・打席    右投右打

ポジション    三塁手、二塁手、遊撃手

出身高校     PL学園高等学校

出身大学     青山学院大学

球団       広島東洋カープ

 

小窪哲也選手は、

チームのまとめ役として、そのリーダシップぶりで信頼が高く、、、

いぶし銀の働きでチームを勝利に導くプレーは多くのファンの共感を呼んでいます!!

 

そんな、

小窪哲也選手のポジションは、

『サード』『ショート』です。。

 

ただ、

プロ入り後、守備についたことがあるポジションは、

『ファースト』『セカンド』『サード』『ショート』『外野』と幅広くプレーしています!!

 

しかし、

プロ1年目の2008年からは主に『ショート』を守り、、、

2010年頃から『サード』が主なポジションと言えるでしょう。

 

 

小窪哲也選手のバッティング能力は『単打』『2塁打』が多いですが、、、

本人の言う『狙い球を絞る』という打撃スタイルのためか、、、

狙い球が外れた場合の結果に見られる三振がやや多い傾向にあります。。。

 

しかし、

代打での集中力は凄まじいものがあり、、、

小窪選手の打点で勝利を引き寄せた試合もあって代打の切り札と呼ばれた時期もあります!!

 

『初球から振っていくのが自分のスタイルである』と本人は語っていますが、、、

常に集中を保っているからこそなせるバッティングですね!!!

 

その集中力を証明する数字として、、、

四球の多さがあります!!

 

代打の役割が多くなってからの出塁率が高いのも、、、

四球を多く選んでいるためですね。。。

 

『打つことを期待されて打席に立つ代打という役割で四球を選ぶ』また『勝負の行方を左右する場面での打点を挙げる一打が放てる集中力』が、

小窪選手バッティングの大きな強みであります!!

 

 

小窪哲也選手の守備能力は、

安定して高いです!!

 

かつてカープの本拠地球場であった広島市民球場は、

グラウンドが土である為、イレギュラー・バウンドしやすい球場でしたが、、、

その球場最終年である2008年に主にショートで出場しています!!

 

『守備機会の多いショート』というポジションを考えると、、、

『通算守備率.970』は一定のレベル以上であるといえます。。。

 

プロ入り3年目あたりから主になったサードの守備ですが、、、

糸を引くような真っすぐな送球ではありませんし、サードの『守備率通算.954』というのは並程度になります。。。

 

しかし、

小窪選手の守備は堅実であると定評があります!!

 

『打ち取った打球を確実にアウトにする』という安心感を投手に与えていますね。。。

 

現在は、

レギュラーではありませんが左投手が先発の時、

サードスタメン出場は小窪選手が指名されるケースも多く首脳陣の信頼があることが分かります。。。(2019年4月現在)

 

まとめ

 

小窪哲也選手は、

規定打席に到達したことは1度もありません。。。

 

2008年は、

プロ入り1年目の『98試合316打席』が過去最多の出場数で打席数です。

 

通算盗塁は7であり、

また走塁に長けているわけでもなく脚が売りの選手でもありません。

 

2018年に至っては、

1軍出場は17試合にとどまりました。

 

このように見ていくと、、、

12年目も現役でいられる特別な数字を残しているわけではありません。。。

 

しかし、

選手会長に就任したり、、、

『チームのまとめ役としての役割』「1番遅くまで残って練習している姿勢』『”大好きなカープの為に”とFA権行使せず残留する』ことが多大な評価を得ています!!

 

広島・松田オーナーにも「今年(2019年)サードのレギュラーを取れ」と、

名前が挙げられるだけの信頼があります。

 

これも、

『プロ野球選手』を続けられるスタイルの好例なのでしょう!!!

 

スポンサードリンク