クルーズ(オーストラリア・サッカー)の年俸やプレースタイルを解説!

スポンサードリンク

ドイツ・ブンデスリーガで長くプレーしており、

2017年から『VfLボーフム』に所属しているクルーズ選手!!

 

2011年から、

オーストラリア代表に選ばれており、、、

2011年、2015年、2019年と3大会連続でアジアカップのオーストラリア代表選手に選ばれていますね!!

 

今回は、

そんなクルーズ選手の年俸やポジションとプレースタイルについて、

解説いたします!!

 

スポンサードリンク

クルーズ(オーストラリア・サッカー)のプロフィールを紹介!!

 

名前       ロビー・トーマス・クルーズ(Robbie Thomas Kruse)

生年月日     1988年10月5日

出身地      オーストラリア・ブリスベン

身長       179cm

体重       72kg

ポジション    FW

利き足      右足

 

【所属クラブ】

2007-2009 → ブリスベン・ロアーFC 26試合 4ゴール

2009-2011 → メルボルン・ビクトリーFC 39試合 16ゴール

2011-2013 → フォルトゥナ・デュッセルドルフ 41試合 4ゴール

2013-2016 → バイエル・レバークーゼン 28試合 2ゴール

2015-2016 → VfBシュトゥットガルト (loan) 3試合 0ゴール

2017 → 遼寧宏運 4試合 0ゴール

2017- → VfLボーフム

 

【オーストラリア代表歴】

2004-2005 → オーストラリアU-17 11試合 3ゴール

2006 → オーストラリアU-20 5試合 0ゴール

2011- → オーストラリア

 

クルーズの年収はいくら??

 

オーストラリア代表で、

背番号『10番』を背負うクルーズ選手は、

2017年に中国スーパーリーグの『遼寧宏運』に移籍金『6000万円』で移籍したものの、、、

賃金未払いで契約解除されています。。。。

 

 

その後、

ドイツブンデスリーガ2部の『VfLボーフム』に移籍を果たしていますね。。。

 

ブンデスリーガでは、

7年間のプレー実績を誇るために、

2部の選手の中では高い年俸を貰っていると推測できるので、、、

クルーズ選手の年俸は『1億円』程度と推測します。。。

 

キャリアのステップアップを諦めて移籍した中国スーパーリーグでは、、、

年俸はかなり高かったと思いますが、、、

リーグの『アジア枠の撤廃』という不運もあって賃金未払いの被害者となり、、、

契約解除となってしまったのは本人にとって、、、

キャリア形成としてもお金の面でもかなりマイナスに作用したと思いますね。。。

 

まだ30歳なので、

時間を取り返してステップアップすることも十分可能といえるでしょう!!!

 

クルーズのプレースタイルを解説!!

 

それでは、

クルーズ選手のポジションやプレースタイルを紹介していきます!!!

 

クルーズ選手のポジションは、

『トップ下』『フォワード』です!!

 

適性なポジションは、

おそらく『2トップのフォワード』だと思いますが、、、

1トップの場合は『シャドー』『トップ下』でも起用されます!!

 

サイドハーフでもプレーすることがありますが、、、

基本的には『シャドーストライカー』としてペナルティーボックス内での仕事が得意なので、、、

ゴールに近い位置でプレーしたほうが活きますね!!!

 

 

そんな、

クルーズ選手は、

裏への抜け出しを得意としていて『運動量』『スピード』に優れています。。。

 

オフザボールの動き出しと、

ペナルティーボックス内での得点嗅覚に優れていて、

日本代表では南野拓実選手のプレースタイルに似ていると思います。。。

 

 

身長は179cmと小さくは無いですが、

体の線は細いので小柄なタイプの選手といっていいでしょう!!!

 

サイドからのクロスボールをワンタッチで得点に結びつけることが出来るのも特徴で、

クロスボールに対するポジション取りや合わせ方が上手ですね。。。

 

俊敏性にも優れていて、

ゴールに近い位置からのドリブルやフェイントでシュートコースを作り出すことができます。。。

 

また、

小柄ですが、、、

ヘディングシュートが上手いのも魅力ですね!!

 

 

献身的に守備に参加することも出来るので、

前線からのプレッシャーで守備のスイッチを入れてくれるのは味方選手からすると助かるでしょう。。。

 

ドイツブンデスリーガで継続的に活躍していて、

オーストラリア代表ではエース的な扱いのようですが、、、

日本代表的には、

クルーズ選手が試合に出てきてくれた方が有り難いかなと個人的には思います。。。

 

理由は、

クルーズ選手のようにすばしっこくて良く動く小柄なアタッカータイプの選手は日本に多くいるので、、、

オーストラリア代表では希少価値があっても日本代表にとっては対戦し慣れたタイプだからです!!

 

なので、、、

あまり怖さを感じないんですね。。。

 

日本代表にとって、オーストラリア代表は、

デカい選手にロングボールを放り込まれた方が嫌なので、、、

クルーズ選手が攻撃の軸になるのは助かるかなと思いますね。。。

 

というわけで、、、

クルーズ選手のプレースタイルは『俊敏性、オフザボールの動き出しに優れたワンタッチゴーラータイプのフォワード』とまとめることができるでしょう!!!

 

まとめ

 

クルーズ選手は、

運動量とスピードに優れたシャドーストライカーで、

日本代表でいうと南野拓実選手にプレースタイルが似ていますね!!

 

長年、

ブンデスリーガでプレーしていますし、、、

オーストラリア代表では背番号『10番』をつけていることから、、、

オーストラリア代表では替えのきかない選手です!!

 

すでに、

30歳を超えていますが、、、

まだまだプレーできると思いますから、、、

ブンデスリーガでもオーストラリア代表でも活躍し続けてほしいですね!!!

 

スポンサードリンク