リオン武(総合格闘家)の経歴や戦績は強い?ファイトスタイルを解説!

スポンサードリンク

『修斗世界ライト級王座』で、

『DREAM』でも活躍したリオン武選手!!

 

『修斗』を主戦場に活躍し続け、

2018年12月31日の大晦日には『RIZIN』への参戦も果たしていますね!!

 

2000年代から日本の総合格闘技界で活躍してきた選手ですから、

非常に人気のある選手です!!

 

今回は、

そんなリオン武選手の経歴や戦績について紹介いたします!!

 

スポンサードリンク

リオン武の経歴やプロフィールを紹介!!

 

名前      リオン武(リオン たけし)

本名      井上 武(いのうえ たけし)

生年月日    1980年3月10日

出身地     神奈川県横浜市

身長      173cm

体重      65kg

階級      フェザー級、バンタム級

バックボーン  柔道

リオン武選手のインスタグラムはこちら

 

 

リオン武選手は、

中学生の頃から柔道を始めたそうです!!

 

高校時代には、

柔道の神奈川県大会で準優勝を果たすなど、

素晴らしい結果を残していますね!!

 

そして、

高校卒業後は柔道を引退し、、、

総合格闘技へ転向!!!

 

総合格闘技への転向は、

兄の影響だったそうですね。。。

 

リオン武選手は総合格闘技へ転向後、

2002年に『アマチュア修斗』に出場し、

以下の素晴らしい成績を残しています!!

 

・東日本大会 → 優勝

・全日本アマチュア修斗選手権 → 3位

 

これらの活躍が評価され、

2003年5月30日に修斗でプロデビュー!!!

 

デビュー戦は、

碓氷早矢手選手と対戦し、

判定の末に勝利しています!!!

 

その後、

連勝を飾って2004年には『新人王ライト級(-65kg)トーナメント』に出場して優勝!!!

 

見事に、

『修斗ライト級新人王』に輝きましたね!!

 

 

『修斗ライト級新人王』に輝いて以降は、

アントニオ・カルバーリョ選手に判定の末に敗戦するも、、、

その後に連勝を飾っています!!

 

2006年5月12日には、

一度負けている相手”アントニオ・カルバーリョ選手”との世界戦が決定し、

1R.でパウンドからTKO勝利!!!

 

リオン武選手が、

『第5代修斗世界ライト級王座』に輝きました!!!

 

2007年11月8日には、

『修斗環太平洋ライト級王座決定戦』”戸井田カツヤ選手”と対戦し、

判定の末に勝利して『第3代修斗環太平洋ライト級王座』を獲得!!!

 

2008年11月29日には、

『修斗世界ライト級チャンピオンシップ』”門脇英基選手”と対戦し、

判定の末に勝利して『第8代修斗世界ライト級王座』に輝きます!!

 

『修斗ライト級』の世界王者として1度目の防衛には成功しますが、、、

2度目の防衛戦では”日沖発選手”と対戦し、、、判定の末に敗戦。。。

 

王座陥落となってしまいましたね。。。

 

しかし、

これらの活躍が評価され、

『DREAM』への参戦が決定!!!

 

『DREAM』では、

”宇野薫選手””宮田和幸選手”など、、、

世界レベルの選手と対戦しましたね!!

 

その後は、

『修斗』を主戦場に戦いながら、、、

『VTJ』にも参戦!!!

 

2016年9月19日に開催された『VTJ』で内村洋次郎選手と対戦し、

勝利して以降は試合に出場していませんでしたが、、、2018年5月に復帰!!!

 

復帰戦となった斎藤裕選手との試合では、判定の末に負けてしまいましたが、

復帰2戦目となったTOMA選手との試合では判定の末に勝利しています!!!

 

そして、

2018年12月31日の大晦日には、

『RIZIN』への参戦が決定!!!

 

30代後半となった今でも、

現役バリバリで強さは健在ですね!!!

 

また、

プライベートではすでに結婚されています。。

 

結婚して家族ができたことから、

格闘技に対する向き合い方に大きな変化があったと、

インタビューでも語っていますね。。

 

>> リオン武選手のインタビュー記事はこちら

 

今後も、

総合格闘技界を盛り上げていってほしい世界レベルの選手です!!!

 

リオン武の戦績は強い!?

 

【戦績(総合格闘技・プロ)】(2018年11月現在)

・36試合 24勝((T)KO. 11 一本.4 判定.9) 12敗((T)KO. 1 一本.1 判定.10)

【戦績(総合格闘技・アマチュア)】

・5試合 3勝((T)KO. 0 一本.0 判定.3) 2敗((T)KO. 0 一本.0 判定.2)

【戦績(キックボクシング)】

・2試合 1勝((T)KO. 0 判定.1) 1敗((T)KO. 1 判定.0)

 

・東日本アマチュア修斗選手権ライト級 → 優勝(2002年)

・全日本アマチュア修斗選手権ライト級 → 3位(2002年)

・修斗ライト級新人王(2004年)

・第5代修斗世界ライト級王座(2006年)

・第3代修斗環太平洋ライト級王座(2007年)

・第8代修斗世界ライト級王座(2008年)

 

リオン武選手は、

『修斗世界ライト級王座』に2度も輝いていることから、、、

日本トップレベルの選手です!!!

 

寝技の技術も高いですし、、、

打撃も強いのでバランスの良い選手ですね!!

 

また、

『修斗』では『元修斗環太平洋フェザー級王者』で『修斗四天王』の一人である”佐藤ルミナ”選手に勝利していますし、、、

『DREAM』では『元修斗世界ライト級王者』の”宇野薫”選手や『元DEEPフェザー級王者』の”松本晃市郎”選手に勝利しています!!!

 

 

 

世界王者にも勝利していることから、、、

リオン武選手は総合格闘家として間違いなく日本トップレベルに強い選手です!!!

 

なので、

そろそろ日の目を浴びて良い選手と言えるでしょう!!!

 

すでに良い年齢になってきましたから、、、

今後は『RIZIN』の舞台で暴れてほしいですね!!!

 

2018年12月31日の大晦日に、

『RIZIN』デビュー戦となるわけですが、、、

対戦相手は『RIZIN』で連勝中の朝倉未来選手!!!

 

 

現在、

非常に勢いのある朝倉未来選手が相手となると、かなり厄介ですが、、、

経験値はリオン武選手の方が有利といえるでしょう!!!

 

 

ここで勝利することができれば、、、

『RIZIN』で日の目を浴びることができるでしょうね!!!

 

しかし、

この試合では、

朝倉未来選手が『2R.2分39秒』TKOでリオン武選手に勝利しています!!

 

>> リオン武選手と朝倉未来選手の試合動画はこちら【RIZIN CONFESSIONS #30】

 

リオン武選手は、、、

初めてのTKO負けを喫しましたね。。。

 

 

 

しかし、

リオン武選手は日本トップレベルの選手ですので、

まだまだ現役を続けてほしいところです。。。

 

リオン武のファイトスタイルを解説!!

 

リオン武選手は、

打撃が得意な選手です!!

 

スタンドでの打撃が強く、

24勝のうち11勝KO勝利ですので、

KO率が高いですね!!

 

また、

ノーモーションの右ストレートが上手で、

当たると倒れます!!

 

さらに、

寝技の技術もありますので、

サブミッションで勝利することもできますね!!

 

打撃が強く、

寝技もできる選手ですので、

非常にバランスの良い選手です!!

 

まとめ

 

リオン武選手は、

2000年代から『修斗』を主戦場に戦ってきた総合格闘家です!!

 

『修斗』以外にも、

『DREAM』『VTJ』で日本のトップファイターと戦っていますし、

2018年12月31日からは『RIZIN』にも参戦しています!!!

 

長く、

日本人トップファイターの一人として試合に出続けており、選手寿命はもう長くないかもしれませんが、

それでも『RIZIN』という大舞台で活躍してほしい選手ですね!!!

 

スポンサードリンク