ムーイ(オーストラリア)の年俸やポジションとプレースタイルを解説!

スポンサードリンク

オーストラリア代表に選ばれ、

プレミアリーグ『ハダースフィールド・タウンFC』でプレーしているムーイ選手!!

 

ムーイ選手は、

オーストラリア代表でも珍しいパサータイプの選手で、

世界で活躍できるアジア人トップレベルの選手ですね!!

 

今回は、

そんなムーイ選手の年俸やポジションとプレースタイルについて、、、

解説いたします!!!

 

スポンサードリンク

ムーイのプロフィールを紹介!!

 

名前      アーロン・フランク・ムーイ(Aaron Frank Mooy)

生年月日    1990年9月15日

出身地     オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー

身長      175cm

ポジション   MF(CH)

利き足     右足

 

ムーイ選手のツイッターはこちら!!

ムーイ選手のインスタグラムはこちら!!

 

【所属クラブ】

2009-2010 → ボルトン・ワンダラーズ 0試合 0ゴール

2010-2012 → セント・ミレン 21試合 1ゴール

2012-2014 → ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 49試合 4ゴール

2014-2016 → メルボルン・シティ 53試合 18ゴール

2016-2017 → マンチェスター・シティ 0試合 0ゴール

2016-2017 → ハダースフィールド・タウン (loan) 45試合 4ゴール

2017- → ハダースフィールド・タウン 21試合 4ゴール

 

【オーストラリア代表歴】

2009-2010 → オーストラリアU-20 10試合 4ゴール

2011-2012 → オーストラリアU-23 4試合 2ゴール

2012- → オーストラリア代表

 

ムーイ(オーストラリア)の年俸はいくら??

 

オーストラリア代表のムーイ選手は、

マンチェスターシティに所属していましたが、、、

2017年にイングランド・プレミアリーグ『ハダーズ・フィールド』と3年契約を結んでいています。。。

 

気になる年俸はというと、、、

公表されていないようで、、、わかりませんでした。。。

 

完全な予想となりますが、、、

プレミアリーグの下位チームで、

『10番を背負い中心選手といえるほど出場機会を得ているわけではない』という立ち位置から考えると、、、

年俸は『1~2億円』程度かなと思います。。。

 

ムーイ(オーストラリア)のポジションとプレースタイルを解説!!

 

ムーイ選手のポジションは、

『ボランチ』です!!

 

『トップ下』『インサイドハーフ』でもプレーできますが、

中盤の中央でやや低い位置を得意なプレーエリアとしています。。。

 

若手時代は、

右サイドハーフが主戦場で『右利きのクロサー』として活躍していたようですが、、、

プレミアリーグではボランチでの起用が多くなっていますね。。。

 

 

守備面では、

身長は174cmと小柄ですが、、、

がっちりとした体格をしていて競り合いの強さに定評があります!!

 

競り合いの強さに定評があることから、、、

プレミアリーグでも当たり負けしません。。。

 

また、

小柄な選手が得意とするスライディングタックルも上手いですね。。。

 

コースをスライディングタックルで消して、

相手の選択肢を削るシーンが多いです。。。

 

ポジショニングや、

プレッシャーに行くときのパスコースの切り方も上手で、

非常に『戦術眼に優れた選手』だと思います。。。

 

球際も強くてイーブンなボールをマイボールにし、

そのままカウンターアタックに繋ぐようなプレーも見られますし、、、

『ボール奪取能力が高い』ですね。。。

 

 

ただ、

足の速さにはやや課題を抱えていて、、、

とくに俊敏性がなく、、、ドリブル対応には不安を残しますね。。。

 

攻撃面では、

巧みなボールコントロール能力があり『キック精度』『キック力』も高く、

セットプレーのキッカーとしても高い評価をされていますね。。。

 

日本代表にとっては、

セットプレーでの高さを武器とするオーストラリア代表のキッカーとして侮れない存在です。。。

 

『トラップ』『キック』の能力が高く、

ボールコントロールの際に視線が下がらないので視野も広いです。。。

 

得点パターンは、

ミドルシュートが多くて威力がありカーブのかかったシュートを持っていますね。。。

 

 

攻撃面でも、

気になるのは『スピード』の部分です。。。

 

パスコースがふさがれたときに、、、

ドリブルで時間と角度を作ったりするプレーが少ないのと、、、

『細かいテクニックと素早い身のこなしで相手のプレッシャーを交わす』というプレーには、、、

物足りなさを感じてしまいます。。。

 

全体的なプレースタイルは、

元マンチェスターユナイテッドの”ポール・スコールズ選手”に近いかなと思いますね。。。

 

 

日本人選手では、

引退した鹿島アントラーズの”小笠原満男選手”を彷彿とさせます。。。

 

 

運動量も豊富で、

パスセンスに優れたゲームメイカーは、

オーストラリア代表には長年居なかったタイプです。。。

 

オーストラリア代表は、

ポゼッションスタイルへの転換を図っているので、、、

パサータイプのムーイ選手は貴重な存在といえるでしょう。。。

 

ただし、

日本代表にとっては、

以前のパワーを前面に押し出したロングボールを多用するスタイルの方が戦いにくいです。。。

 

なので、

日本戦においては、

オーストラリア代表がムーイ選手を起点としてパスワークを前面に押し出したサッカーをしてくれる方が、

戦いやすいかもしれませんね!!

 

というわけで、

ムーイ選手のプレースタイルは『キック精度、パスセンスに優れたゲームメイカータイプのボランチ』とまとめることができるでしょう!!

 

まとめ

 

ムーイ選手は、

オーストラリア代表にはあまりいなかったパサータイプの選手です!!

 

フィジカルも強く、

プレミアリーグでもしっかりと結果を出していることから、、、

世界レベルの選手ですね!!

 

アジア人の中でもトップレベルのボランチであることから、、、

日本代表にとっては強力な相手となるでしょう。。。

 

スポンサードリンク