ロギッチ(オーストラリア・サッカー)の年俸やプレースタイルを解説!

スポンサードリンク

オーストラリア代表に選ばれ、

スコットランドリーグの『セルティックFC』でプレーしているロギッチ選手!!

 

ロギッチ選手は、

2013年から『セルティックFC』でプレーしており、

2015-16シーズンから主力として活躍されています!!

 

今回は、

そんなロギッチ選手の年俸やポジションとプレースタイルについて、、、

解説いたします!!!

 

スポンサードリンク

ロギッチ(オーストラリア・サッカー)のプロフィールを紹介!!

 

名前      トーマス・ピーター・ロギッチ(Tomas Petar Rogic)

生年月日    1992年12月16日

出身地     オーストラリア・グリフィス

身長      189cm

体重      89kg

ポジション   MF

利き足     右足

 

【所属クラブ】

2009-2010 → ANU FC 18試合 5ゴール

2011-2012 → ベルコヌン・ユナイテッドFC 6試合 6ゴール

2012-2013 → セントラルコースト・マリナーズFC 24試合 5ゴール

2013- → セルティックFC

2014 → メルボルン・ビクトリーFC(lone) 8試合 0ゴール

 

【オーストラリア代表歴】

2012 → オーストラリアU-23 1試合 0ゴール

2012- → オーストラリア代表

 

ロギッチの年俸はいくら??

 

ロギッチ選手の年俸は、

2013年の報道で『7000万円』となっています!!

 

2013年以降に、

オーストラリア代表で定位置を掴み、、、

スコットランドリーグの名門『セルティック』でもコンスタントに試合に出場していて、

リーグ6連覇に貢献するなど評価を高めています!!!

 

なので、

現在は『1億5000万円』程度と予想します!!

 

ロギッチ選手は、

2018年シーズンで26歳とまだ若いので、

倍の3億円まで増やすことも十分可能といえるでしょう!!!

 

ちなみに、

以前にプレミアリーグの『アーセナル』が獲得に動いたと報じられたこともあります。。。

 

オーストラリアリーグでは、

年俸の上限があって多くても『2000万円』程度であることを考慮すると相当な成功者ですね。。。

 

ロギッチのポジションやプレースタイルを解説!!

 

それでは、


ロギッチ選手のポジションやプレースタイルを紹介していきます!!!

 

ロギッチ選手のポジションは、

『トップ下』です!!

 

190cmという長身でありながら、、、

フットサルオーストラリア代表にも選出された経験があるほど細かいボール扱いに優れていて、、、

『トップ下を得意とするパサータイプの選手』ですね。。。

 

その長身を活かしてセンターフォワードで起用されることもありますが、、、

本職はトップ下の選手です。。。

 

 

そんな、

ロギッチ選手は、

ボールキープ力に優れていて視野が広くパスセンスがあり、、、

中央のエリアで起点を作って左右のサイドにボールを展開させ、、、

クロスボールに合わせてヘディングシュートを狙うことを得意としています。。。

 

ただし、

身長が190cmというわりには空中戦での強さはそれほどでもなく、、、

得点力、迫力が今一つです。。。

 

テクニシャンであることから、

足でボールを扱うことにこだわりがあって、、、

ヘディングはあまり面白くないという性格なのかもしれません。。。

 

また、

オーストラリアの国立大学出身であり頭も育ちも良い選手ですが、、、

理知的で賢いプレーを得意とする代わりに野性的でパワフルなプレーが苦手なんですね。。。

 

なので、

恵まれた体格が宝の持ち腐れのように感じることもあります。。。

 

とくに、

日本代表と対戦した際には、

テクニックでは日本代表選手の方が上ですから、、、

せっかく身長が大きいのに空中戦での勝負をしないことはありがたいなと感じます。。。

 

そういう意味では、

ロギッチ選手がなりふり構わずに空中戦で強引に得点を狙いにくるプレーを身に着けると、、、

日本代表にとっては厄介極まりないですね。。。

 

運動量も豊富で、

後方に下がってボールを受けてパスを散らした後に、、、

ペナルティーボックスに何度も侵入してくるのも素晴らしいです。。。

 

 

また、、、

トラップが上手くてポストプレーも得意です。。。

 

不思議なのは、、、

センターフォワードで起用されないこと。。。

 

Jリーグなら、

確実にセンターフォワードで起用されると思いますが、、、

ずっと代表でも所属チームでもトップ下なのでやはり課題は『得点力』なのでしょう。。。

 

年間で、

二桁得点を記録したことがないのでフォワードで計算できないなら大きな課題ですね。。。

 

得点パターンも、

『ヘディング』『ミドルシュート』という形が多いので、、、

最前線で起用するとミドルシュートが活きないですし、、、

ボランチだとヘディングシュートが活きないので間を取ってトップ下なのかもしれません。。。

 

というわけで、

ロギッチ選手のプレースタイルは『長身でテクニックがあるパサータイプのトップ下』とまとめることができるでしょう!!!

 

まとめ

 

今回は、

オーストラリア代表に選ばれ、

スコットランドリーグの『セルティックFC』でプレーしているロギッチ選手について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

ロギッチ選手は、

190cmと長身でありながら、、、

足元が上手で運動量も豊富です!!

 

『セルティックスFC』でも中心選手として活躍していますし、、、

今後も世界の舞台で活躍できるポテンシャルの高さがあるでしょう!!!

 

日本代表にとっては、

強敵な選手ですね!!

 

スポンサードリンク