ハムソヒは結婚してる?戦績や強さとファイトスタイルを解説【動画】

スポンサードリンク

今回は、

『ROAD FC女子アトム級王者』『DEEP JEWELSアトム級女王』などのタイトルを獲得している女子総合格闘家のハム・ソヒ選手について紹介します!!

 

ハム・ソヒ選手は、

アメリカのMMAサイト『SHERDOG』の女子アトム級ランキングで2位にランキングされ、

世界からも注目されている選手です!!(2019年6月付)

 

過去には、

日本人女子総合格闘家の実力者である”浜崎朱加選手””藤井惠選手”らと激闘を繰り広げており、

現在は『RIZIN』へ参戦していますね!!

 

今回は、

そんな世界から注目されるハム・ソヒ選手の戦績やファイトスタイルについて解説します!!

 

スポンサードリンク

ハム・ソヒは結婚してる?

 

ハム・ソヒ選手は、

結婚しておらず、独身です。。

 

ハム・ソヒ選手は現在、年齢的にも30代となり、

総合格闘家としてもピークを迎えています。。

 

現在は格闘技に専念しているため、

結婚はまだ先になるかもしれませんね。。

 

ハム・ソヒの現在の戦績を紹介

 

名前       ハム・ソヒ(Seo Hee Ham)

生年月日     1987年3月31日

出身地      韓国

身長       158cm

体重       49.0kg

所属       CMA KOREA TEAM MAD

>> ハム・ソヒ選手のツイッターはこちら

>> ハム・ソヒ選手のインスタグラムはこちら

 

【総合格闘技】

・30試合 22勝【(T)KO.4 一本.3 判定.15】 8敗【(T)KO.1 一本.2 判定.5】(2019年6月現在)

【シュートボクシング】

・5試合 3勝 2敗

【キックボクシング】

・6試合 5勝 1敗

>> ハム・ソヒ選手のインスタグラムはこちら【SHERDOG】

 

・CMA KPWキック女子ライト級王座(2010年)

・第2代DEEP JEWELSフェザー級王座(2013年)

・初代ROAD FC女子アトム級王座(2017年)

 

 

ハム・ソヒ選手は、

『DEEP JEWELS』『ROAD FC』『UFC』と、

日本、韓国、アメリカの三ヶ国の団体で活躍した女子格闘技界屈指の実力者です!!

 

『DEEP JEWELS』『ROAD FC』では、

以下のタイトルをかくとくしていますね!!

 

・第2代DEEP JEWELSフェザー級王座(2013年)

・初代ROAD FC女子アトム級王座(2017年)

 

『UFC』では、

『3試合 1勝 2敗』と思うような結果は出ませんでしたが、

『UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト』を受賞しています!!

 

『UFC』の舞台に初めて立った韓国人女性ファイターであり、

世界の舞台で活躍していることから、韓国人女性ファイターのパイオニア的存在ですね!!

 

そして、

これらの活躍が評価され、

アメリカ老舗MMAサイト『SHERDOG』”女子世界アトム級ランキング2位”にランキングされています!!(2019年6月付)

 

なので、

ハム・ソヒ選手の戦績は間違いなく世界トップレベルだと言えるでしょう!!

 

 

ただ、

ハム・ソヒ選手は『DEEP JEWELS』時代、

”浜崎朱加選手”には勝てないでいます!!

 

 

2度戦ったことがありますが、

1度目は判定で負けており、2度目はドクターストップからタオルが投げられて敗戦していますね。。。

 

しかし、

2019年6月2日に開催された『RIZIN.16』で、

浜崎朱加選手に判定負けした”ジン・ユ・フレイ選手”には『ROAD FC』時代に勝利しています!!

 

 

しかも、

『1R 4:40』に左ストレートからパウンドの連打でTKO勝利を飾っているんですね!!

 

浜崎朱加選手は、

『RIZIN.16』でジン・ユ・フレイ選手と対戦した際、打撃では押されていたため、、、

打撃の能力だけで言えば、ハム・ソヒ選手は浜崎朱加選手よりも上かもしれませんね!!

 

>> 浜崎朱加選手とジン・ユ・フレイ選手の試合動画はこちら【RIZIN CONFESSIONS #39】

 

なので、

この世界トップレベルの女子総合格闘家である三人の対戦から実力差は以下のような形になると言えます。。(単純な考えですが。。)

 

ジン・ユ・フレイ < ハム・ソヒ < 浜崎朱加

 

過去には、

RIZINに参戦している石岡沙織選手にも勝利している選手ですから、

間違いなく世界トップレベルの選手ですが、、、浜崎朱加選手を倒せるかは難しいところ。。。

 

ただ、

打撃のレベルで言えば、

散打やキックボクシングをバックボーンに持つハム・ソヒ選手の方が有利だと言えるでしょう!!

 

あとは、

タックルへの対処やグラウンドでのスキルが上がっていれば、

浜崎朱加選手よりも強い選手へと成長し、正真正銘の女子総合格闘家トップに君臨できるかもしれませんね!!

 

ハム・ソヒの『RIZIN』での戦績を紹介

 

ハム・ソヒ選手の『RIZIN』での戦績は、

『2試合 2勝 0敗』です!!

 

2019年7月28日に、

『RIZIN.17』でRIZIN初参戦!!

 

 

対戦相手は、

『第6代DEEP JEWELSアトム級チャンピオン』に輝いた前澤智選手でした!!

 

 

 

そんな二人の試合は、

結果『1R.3分14秒』にハム・ソヒ選手が『TKO(グラウンドキック)』勝利しています!!

 

>> 浜崎朱加選手と前澤智選手の試合動画はこちら【RIZIN CONFESSIONS #44】

 

日本トップファイターである前澤智選手を圧倒したことから、

世界トップファイターであることを知らしめましたね!!

 

 

 

試合後、

ハム・ソヒ選手はリングの上で、

浜崎朱加選手ではなく、山本美憂選手を指名!!

 

そして、

2019年10月12日に『RIZIN.19』で、

ハム・ソヒ選手と山本美憂選手の試合が決定!!!

 

この試合は、

勝者がRIZINアトム級チャンピオンである浜崎朱加選手への挑戦権を手に入れる試合となりました!!

 

 

 

結果は、

『2R.4分42秒』でハム・ソヒ選手が『TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)』勝利しています!!

 

>> 浜崎朱加選手と山本美憂選手の試合動画はこちら【RIZIN CONFESSIONS #50】

 

ハム・ソヒ選手が勝利した後、

リングの上で寂しげな表情をしていたのが印象的でしたね。。

 

 

 

圧倒的な強さで連勝を飾ったハム・ソヒ選手は、

ついに2019年12月31日の『RIZIN.20』で浜崎朱加選手とのタイトルマッチが決定!!

 

ハム・ソヒ選手と浜崎朱加選手の試合は、

これで3度目になりますね!!

 

ハム・ソヒ選手は、

3度目の正直で世界のベルトを取りたいところです!!

 

ハム・ソヒの強い理由やファイトスタイルを解説

 

ハム・ソヒ選手は、

韓国女子格闘技界を代表するキックボクサーであり、MMAファイター(総合格闘家)で、

所属は韓国の釜山にある『TEAM MAD』です。

 

『TEAM MAD』は、

アベマTVの格闘代理戦争でも取り上げられたMMAの名門ジムですね。

 

『TEAM MAD』にはキム・ドンヒョン選手チェ・ドゥホ選手などの有名UFCファイターが所属しており、

ハム・ソヒ選手もそんな男性トップファイターたちに交じって日夜、練習に励んでいます!!

 

つまり、ハム・ソヒ選手の強さは、

韓国国内のトップファイター達が集う、虎の穴ともいえる環境で生み出されているのです。

 

 

また、

ハム・ソヒ選手には様々なキャッチコピーがありますが、

面白いものとして『ハンダレイ・シウバ』というものがあります。。

 

もちろん、

元ネタは『戦慄の膝小僧』として恐れられた元PRIDEミドル級王者の”ヴァンダレイ・シウバ”選手です!!

 

ハム・ソヒ選手のファイトスタイルが、

ヴァンダレイ・シウバと同じように打撃でガンガン攻めることからつけられた異名だそうですね。。

 

たしかに、

記憶に新しいところでは『RIZIN.17』での前澤智選手に向かって何度も放たれたエグイ膝蹴りは、

全盛期のヴァンダレイ・シウバ選手を彷彿とさせました!!

 

ハム・ソヒ選手は膝蹴りを得意としていますが、

相手を掴まずに放つ膝蹴りは、とても伸びがよく相手の腹部や顔面に突き刺さります!!

 

膝蹴りでノックダウンされた前澤智選手は、試合後、、

ハム・ソヒ選手の膝蹴りについて「私の中での膝の印象ってもうちょっと近くで来るようなイメージ。でもハム選手の膝ってあそこからくるかって…」と述べました。。。

 

通常の膝蹴りよりも、

遠い距離から当たるハム・ソヒ選手の膝蹴りの特異性が伺えます。。。

 

 

ハム・ソヒ選手は当て勘がよく、打撃の手数がとても多い選手で、

打たれ強さにも定評があります。。。

 

その反面、

長らくKO率の低さが目立っていました。。。

 

しかし、

最近はフィジカルが著しく強化されて、

相手をKOする力もつきましたね。。

 

体幹の強化により、テイクダウンディフェンスもあがり、

テイクダウンをとられたとしてもすぐに立ち上がります。。。

 

一階級上のストロー級で闘っていたUFC時代よりも、

適正階級のアトム級で闘っている現在のほうが、身体付きが良く見え、実際にパワーアップしているのは肉体改造の成果と言えるでしょう。。

 

 

そんな、

ハム・ソヒ選手の最大の武器は『左ストレート』です!!

 

ROAD FCのアトム級タイトルマッチで、

ジン・ユ・フレイ選手を倒したのもこの左ストレートでした!!

 

最近は武器である左のパンチを当てるために、

距離を計る段階から様々な工夫を凝らしています。。。

 

その一つは右手を伸ばすことです。。。

 

ハム・ソヒ選手は、

右手を相手の顔の前に突き出しながら、相手をけん制し、

自分のパンチが当たりやすい最適な距離を作るのです。。。

 

右手を伸ばす動きにジャブも組み合わせることによって、

相手の動きは大幅に制限され、ハム・ソヒ選手は打撃の主導権を握れるわけです!!

 

このテクニックは、

UFCライトヘビー級絶対王者の”ジョン・ジョーンズ”選手が好んで使うテクニックですね。。

 

伸ばした手の指先が相手の顔の前にくるので、

偶発的なサミング(目つき)が発生しやすく、多少ダーティーなテクニックと批判もあります。。

 

ただ、

非常に有効な最先端のMMAテクニックです。

 

『TEAM MAD』でハム・ソヒ選手は、

現在進行形の技術を積極的に取り入れているのでしょう。。

 

 

また、

打撃に注目しがちなハム・ソヒ選手ですが、

過去には『アームバー』『腕ひしぎ十字固め』『三角絞め』などで一本勝利を飾っていることから、、、

グラウンドでの対応もしっかりとできます!!

 

圧倒的な打撃のスキルに加えて、

グラウンドでもしっかりと対応できることから、

弱点のない女子総合格闘家と言えるでしょう!!

 

ちなみに、

2012年8月にはシュートボクシングルールで『RIZIN』に参戦しているRENA選手と対戦した経験がありますね。。。

 

結果は『判定.0-3』で敗戦していますが、、、

RENA選手相手にシュートボクシングルールで判定まで打ち合っていることから、、、

打撃の強さはやはり高いと言えます!!

 

以上のことから、

ハム・ソヒ選手のファイトスタイルは『世界トップレベルの打撃の強さに加え、グラウンドのスキルも高く、弱点のない選手』と言えるでしょう!!

 

ハム・ソヒは視力が悪く眼鏡をかけている!?

 

ハム・ソヒ選手は、

視力が低く、普段は眼鏡をかけて生活しています!!

 

実際、

『RIZIN.19』で山本美憂選手と対戦した後のインタビューは、

眼鏡姿で登場していますね!!

 

 

この時のインタビューで、

ハム・ソヒ選手は「今まで試合する中で相手の姿をちゃんと見て戦ったことはなく、形だけ見える状態で試合をしてきました。私の今の一番の願いは、相手がちゃんと見える状況で試合をしてみたいと思います」と語っています。。(最後の質問で視力のことを聞かれます。6分55秒くらいからです)

 

なので、

ハム・ソヒ選手は試合中、

ほとんど見えない中、戦っているわけですね。。

 

これだけのハンディがありながら、

あれだけの強さを発揮しているわけですから、、、

本当に末恐ろしい選手です。。。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

日本でキャリアを築き、

韓国人初の女子UFCファイターとなったハム・ソヒ選手!!

 

『RIZIN』にあがってからは、

ファイターとしての目覚ましい進化と人柄の良さでファンを魅了していますね。。

 

それに、

世界トップファイターであるハム・ソヒ選手が『RIZIN』ヘ参戦したことから、

RIZIN女子格闘技界も非常に盛り上がっています!!

 

今後の、

ハム・ソヒ選手の試合が楽しみでなりません!!