住村竜市朗の戦績や強い理由とファイトスタイルを解説【動画】

スポンサードリンク

今回は、

ウェルター級総合格闘家の住村竜市朗選手について紹介します!!

 

住村竜市朗選手は、

『DEEP』を主戦場に活躍する総合格闘家で、

『第9代DEEPウェルター級王者』に輝いている選手です!!

 

打撃を得意とする選手で、

アグレッシブなファイトスタイルから住村竜市朗選手の試合にハズレはないですね。。

 

この記事では、

そんな住村竜市朗選手の戦績や強い理由とファイトスタイルについて解説いたします!!

 

スポンサードリンク

住村竜市朗の戦績を紹介

 

名前      住村竜市朗(Ryuichiro Sumimura)

生年月日    1986年2月14日

出身地     兵庫県

身長      185cm

体重      77.0kg

所属      TEAM ONE

>> 住村竜市朗選手のツイッターはこちら

>> 住村竜市朗選手のインスタグラムはこちら

 

20試合 14勝【(T)KO.4 一本.4 判定.6】 6敗【(T)KO.0 一本.1 判定.5】(2019年12月10日現在)

>> 住村竜市朗選手の戦績に関して詳しくはこちら【SHERDOG】

 

 

住村竜市朗選手は、

2009年9月に開催された『全日本アマチュア修斗選手権ミドル級』で優勝し、

2009年11月に『修斗』でプロデビューを果たしています!!

 

『修斗』では、

『4試合 2勝 2敗』という結果を残しており、

2012年9月から『DEEP』へ参戦していますね!!

 

『DEEP』参戦後はしっかりと勝ち星を重ねていき、

2017年に『DEEPウェルター級GP』優勝!!

 

『第9代DEEPウェルター級王者』に輝き、

日本人ウェルター級トップファイターとなりましたね!!

 

これらの活躍が評価され、

2018年には『RIZIN』ヘ初参戦!!

 

 

2018年8月12日に開催された『RIZIN.12』へ出場し、

ストラッサー起一選手と対戦していますね!!

 

 

 

結果は『1R.4分59秒』肩固めを決められ、

わずか1秒で敗北。。。

 

悔しい結果に終わりましたね。。。

 

 

 

そして、

2019年12月29日に開催される『RIZIN.20』では、

ジョン・タック選手と対戦!!

 

 

『RIZIN』デビュー戦は惜しくも配線に終わっていますので、

この試合は絶対に勝ちたいところですね。。

 

住村竜市朗の強い理由は盟友皇治にあり!?

 

住村竜市朗選手の打撃には、

心強いバックアップがあります!!

 

それは、

練習パートナーであり、盟友でもあるK-1ファイターの皇治選手です!!

 

 

練習では、

皇治選手が得意としているハイキックなどを伝授してもらっているそうなんですね。。

 

住村竜市朗選手の試合では、

皇治選手が頻繁にセコンドにつき、打撃についての的確な指示を飛ばしています。。。

 

住村竜市朗は大怪我を負うも進化して復帰!?

 

住村竜市朗選手の名前を一気に世に広めた『DEEPウェルター級GP』では、

格上の日本人選手を悉く破って、優勝を成し遂げました。。。

 

しかし、

はじめての防衛線の佐藤洋一郎戦では勝利するも、

『前十字靭帯を切る大怪我』を負っています。。

 

その後には、

怪我を抱えたままRIZINの舞台でストラッサー起一選手と闘い、何もできずに敗北。。。

 

これがきっかけとなり、

住村竜市朗選手は手術と8か月もの長いリハビリ生活に突入しました。。。

 

そして、

リハビリ明けの2019年6月に、

選手としての更なる飛躍のため、東京に練習拠点を移しています!!

 

東京では組みとフィジカルを突き詰めることをテーマにしており、

組み技は元DREAMライト級王者の”青木真也”選手や元戦極ライト級王者の”北岡悟”選手に師事し共に練習をしていますね!!

 

 

 

フィジカルは、

元K-1ファイターの魔裟斗選手などを指導したスカイライブRの土井トレーナーに師事しています。

 

 

東京での練習により、

パワーアップした住村竜市朗選手を今後の試合では見られるはずです!

 

住村竜市朗の強い理由とファイトスタイルを解説【動画】

 

住村竜市朗選手は、

日本を代表するウェルター級のファイターの一人です!!

 

ウェルター級の中では、

長身の185cmの恵まれた体格と爆発力を秘めた打撃が武器で、

『打撃技を得意とするストライカータイプ』のファイターですね!!

 

組まれたときの首相撲が上手く、

テイクダウンディフエンスが強いです!!

 

寝かされてもしっかりと脱出し、

打撃で勝負しますね。。

 

打撃だけを見れば、

日本人のウェルター級ファイターの中では住村竜市朗選手がナンバーワンだと言えます!!

 

住村竜市朗選手の元々のファイトスタイルは、

受け身で相手を見ることが多かったです。。。

 

体格の良さもそこまで生かせていませんでした。。。

 

しかし、

自身が優勝を成し遂げた『DEEPウェルター級グランプリ』からは覚醒し、

体格をフルに生かしたファイトスタイルを確立していますね!!

 

住村竜市朗選手は、

恵まれた手足の長さを生かした長いリーチの打撃を有効に使います。。。

 

遠い距離からでも左のジャブやローキックを当て、

自分の距離を作りながら試合を組み立てますね。。

 

パンチや蹴りの一発、一発は重くて倒せる力を持っています。。。

 

また、

『グラウンドでの打撃』も強烈ですね!!

 

グランドでもリーチの長さを生かして、

遠い間合いから相手のガードを掻い潜ってパウンドを落とします。。。

 

それだけでなく、

狭い距離からもショートの肘やパウンドを器用に当てますね。。

 

そして、

チャンスとみれば嵐のようにパウンドを落とします。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

住村竜市朗選手が主戦場とするウェルター級は、

『神の階級』と呼ばれています!!

 

その理由は、

ウェルター級が世界的に最も競技人口が多く、

長年『UFC』の中で一番レベルが高い階級と言われてきたからです。。

 

どこの団体であっても、

日本人にとって勝つことが一気に難しくなる階級であるウェルター級において、

住村竜市朗選手は期待の日本人選手です。。。

 

新たな練習環境と怪我の克服により、

今後の飛躍が楽しみですね!!